肌ケア情報

敏感肌とは?その原因とケア方法は?

疲れやストレスがたまるとお肌の調子も悪くなる…
何かに触れると赤くなったり、ヒリヒリしたり…
かゆみがでるほどカサカサ…
新しい化粧品を使ったらピリピリ…

もしかして、これって敏感肌?

約7割の方が、自分は敏感肌だと思われているそうです。
一言で「敏感肌」といってもタイプはさまざまです。主なものをあげると次のタイプがあります。
あなたはどのタイプに当てはまりますか?

炎症やかゆみ、湿疹などがでるきっかけは、
乾燥や衣服・アクセサリーなどの接触、大気汚染物資や老化などさまざまです。
しかし、敏感肌になる原因は共通しています。それは、

「バリア機能の乱れ」

バリア機能?

一度は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
お肌は身体のいちばん外側にあり、私たちの肌はいつも様々な刺激にさらされています。
乾燥、ほこり、花粉、大気汚染物質 …

このような外的刺激物がお肌の奥に入り込まないように“ラップ”のような役目を果たしているのが、お肌の「バリア機能」です。

またお肌が本来持っているうるおい(水分)が外にでていかないようにキープするのもバリア機能の役目です。

お肌が敏感になっているとき、つまり「敏感肌」の方は、このバリア機能が乱れ、“ラップ”の役目を十分に果たせていない可能性が高いのです。

敏感肌の方のためのスキンケア

では、敏感肌の方はバリア機能を整えるために、どのようなスキンケアが大切なのでしょうか。

1. お肌を清潔に保つこと

肌荒れなどの原因になる刺激物をできるだけお肌に残さないことがまずは大切です。お肌に付着した刺激物はていねいに洗い流すことがいちばん。しかし、ゴシゴシと洗うのは禁物。やさしい洗顔を心がけましょう。

2. お肌に必要な水分、脂分を補うこと

バリア機能が乱れている敏感肌の状態は、自らお肌に水分を溜め込むための成分を十分につくれなかったり、溜め込む機能が低下しています。化粧水でまずは水分を補い、その後水分が蒸発するのを防ぐフタの役目を果たす脂分を乳液・クリームで補ってあげましょう。

3. 外的刺激からお肌を保護すること

お肌と一言でいっても何層かに分かれています。その層のうち、最も外側にある「角質層」の働きが外的刺激から守ること。それを補うために油性クリームを使用してしっかりと刺激から守りましょう。

4. 炎症をおさえること

普段のお手入れは抗炎症作用のある敏感肌用の化粧品を使用しましょう。ただし、注意してケアしていても炎症を起こしてしまうことがあります。そのような際には皮膚科を受診することをおすすめします。

5. バリア機能を整えること

バリア機能を整えるためには保湿が最も重要です。しっかりと保湿されたお肌は、水分や脂分がしっかりと保たれうるおいで満ちているので外からの刺激を受けにくく、健やかなお肌をキープできます。

6. 皮ふ常在菌を正常に保つこと

お肌には、表皮ブドウ球菌や黄色ブドウ球菌、アクネ菌など、さまざまな常在菌が存在しています。その菌がバランスを保ち健康なお肌を維持しています。これらの菌のバランスが崩れるとニキビや肌荒れを起こします。常在菌のバランスを保つためには、正しいスキンケアはもちろん、睡眠、食事などの規則正しい日常生活を心がけ、肌環境を整えることが大切です。

7. ストレスを減らすこと

ストレスはお肌にも影響を与えます。人間はストレスを感じると体内に活性酸素を発生させ、細胞を傷つけます。そしてお肌の老化を招くといわれています。また、免疫力も低下するので、ニキビがひどくなったりします。できるだけストレスを増やさないように、上手に解消しながら規則正しい生活を送りましょう。

季節の変わり目や体調の変化で一時的にお肌が敏感になる方もいるでしょう。
自分にあったケア方法を知って、早めに対処することが重要です。